太陽光発電

いま、架台は「難地攻略」がキーワード!

傾斜地

SJD15_架台_1003_001

斜面の多い日本の地形にフィットするよう開発された架台。東西対応型や可変型などがある。最大35度までの傾斜に対応するなど、ゴルフ場跡地や丘の上でも設置できる。大がかりな整地を必要としない製品もある。

水上

SJD15_架台_1003_002

溜め池など、通常はあまり使用されない水上にパネルを設置。杭を打つ場合とタンクで浮かせる場合がある。生態系への影響を懸念する声もあるが、水上式により「生物の育成を妨げる藻が減った」という事例も。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース