注目キーワード

太陽光発電

2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!

ソーラーシェアリングは売電利益を第一の目的にするもの……。そんな間違った常識を覆す新たな仕組みが注目を集めている。“農業主体”のソーラーシェアリングを可能にする鉄骨+ポリカハウスの架台『がっちりHOUSE5』だ。

コウノトリの生息地を豊かに
豊岡市で育まれる多様性

兵庫県北部に位置し日本海に面する豊岡市は、日本で最後の野生コウノトリの生息地として知られる。現在でも熱心にコウノトリの保護・繁殖・共生事業を行っており、今では200羽以上のコウノトリが生息している。

同市では、農業でもユニークな取組みが行われている。美味しい米を作ると同時に多様な生物を育むことで、コウノトリが住める豊かな文化・地域・環境づくりを目指した「コウノトリ育む農法」だ。

坪口農事未来研究所も「コウノトリ育む農法」を実践する農業生産者だ。平峰さんご夫婦と2名の常勤社員で30haの農地を管理している。主な作物は水稲。無農薬・減農薬を中心に、安全・安心の農法を採用している。

ソーラーシェアリングも計5ヶ所に導入し、その下で有機ニンジンや有機カボチャ、ブルーベリーなどを栽培している。その平峰さんが今年4月に建てたのが、日本パワープラント(JPP)が提供する『がっちりHOUSE5』だ。鉄骨+ポリカの頑丈なハウスの屋根にソーラーパネルを設置できる。

「本当は3月に建つ予定でしたが、コロナの影響で遅れて4月になりました。5月に田植えを始めるための育苗に使う予定だったので、本当にギリギリでした(苦笑)。実際に育苗に使ってみて、シミュレーション通り、普通のハウスと異なる日射状況を確認できました。パネルで適度に日射が遮られますし、空調設備も整っているので、作業しやすかったですね。


平峰さんは今春、早速『がっちりHOUSE5』で水稲の田植え用の苗を育てる育苗を実施した。

当社は農業法人ですから、農業で食べていきたい。ただ、ここはコウノトリの里です。美味しくて安心・安全な農作物を作ることが最優先で、その過程が大切です。コウノトリが生きていくためには、そこに多種多様な生き物が共存していることが必須ですので、当社では農薬は極力使わないようにしています。

一方で、法人としての私達は、利益を出さなければ食べて行けません。そこで選んだのが『がっちりHOUSE5』です。農業を主体にしながら発電でも収入を得られる、というコンセプトに惹かれました。太陽光発電で得られた利益を活かして“良い農業”を続けられる、と考えたのです。

一般的なパイプフレーム+ビニールのハウスは、ビニールが破損するたびに大量のゴミが出ます。ところが『がっちりHOUSE5』は鉄骨+ポリカですからゴミは出ません。これも環境保全型農業を推進する当社にとって、非常に大きな魅力でした。こうした私達の思いに賛同してくださったから、パタゴニアさんとJPPさんが提携してくれたのだと感じています」。

社会の持続可能性を高めるには
ソーラーシェアリングが必要

平峰夫妻は「農業を主体にしつつ太陽光発電で利益を得る」という。そんなことが本当に可能なのだろうか? JPPの村田社長が答えてくれた。

「社名にあるように当社はEPCですが、創業以来、農業生産者様に向けて農業用ハウス『がっちりHOUSE5』を提供してきました。その過程で多くの農業生産者様と連携して、農業のノウハウも蓄積しました。その過程で分かったのは『既存のソーラーシェアリングサービスでは、農業に本気で取組む農業生産者様を満足させるのは難しい』ということ。ソーラーパネルの下に、どれだけ光を得られて、どんな作物を栽培できるのか。それを設計段階で明確にしてお伝えすると、農業に本気な農業生産者様ほど、乗り気になってくださいます。

たとえFIT制度が終了しても、ソーラーシェアリングは終わりません。社会の持続可能性を高めるには、太陽光発電と農業とを、共に持続可能にする必要があります。両方を上手く組み合わせることで、制度に左右されずに利益を出すことができる。平峰さんご夫妻は、そういう意気込みを強く持った同志のような存在です。ソーラーシェアリングの新しい常識を作ってくださると期待しています」。


写真右から/坪口農事未来研究所の平峰夫妻、日本パワープラント代表の村田聖氏

「農業主体」を実現する
独自の設計

ハウス内環境を快適にする冷房設備


標準装備のパッド&ファン冷却装置。ハウス側面の特殊な紙(パッド)を水で湿らせると、気化するときに周囲から熱を奪う。ハウス反対側に設置したファンが空気を外に出して流れを生み、冷気を全体に行き渡らせる。

農作物優先のパネル配置

棟木(屋根の一番高い位置にある部材)の右(西側)はパネルが少ない。西側は山が太陽を遮る時間が長いため、採光を考慮して減らした。東側に日が当たる午前中は発電に有利。適度に日差しを遮るから快適に農作業できる。

安心の高強度と豊富なオプション


標準仕様は広さ8m×24m=192㎡の鉄骨+ポリカーボネイト外板ハウス。オプションで冷暖房装置、ソーラーパネルのほか、オフグリッド化が可能な蓄電池、ハウス栽培に必要な装備一式が設定されている。

365日を1時間ごとに採光を計算


JPPでは建築で採光を計るためのシミュレーションソフトを使用。だから365日1時間ごとに、どれだけの光がハウスに入るかを正確にシミュレーションできる。そのうえでパネル配置を決めるから、本気の農家も納得する採光量を得られる。

問い合わせ

日本パワープラント株式会社
埼玉県川口市安行原796-1
TEL:048-299-8182 FAX:048-299-8713


撮影/井ひろみ
取材・文/川島礼二郎

SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

Sponsored by 日本パワープラント株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 / ¥0
2020年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース