注目キーワード

太陽光発電

中国トップ企業に聞いた! 3つの質問で考えるアフターコロナの太陽光ビジネス【GOODWE編】

アフターコロナの太陽光市場はどうなるのか。自家消費市場が日本において今後成長するためのポイントはなにか。日本市場のアフターコロナの予測や今後の戦略について、中国メーカーのGOODWEに話を聞いた。

日本市場について、アフターコロナの予測と、
FITからFIPへの移行に対する期待と戦略
について教えてください。

アフターコロナに関しては、お客様との面談が少なくなる事に問題はありますが、太陽光発電所は、三密にならない環境なので、発電所の建設には問題がないと考えます。

また、展示会、セミナーへの参加者、出展は減ると思いますが、インターネットを活用したアピールが可能なので、できる限り参加したいと思います。唯一、新しい人脈作りが困難とは思われますが、必ずどこかのネットワークから情報は取れると思いますので、情報発信、収集にも力を入れたいと考えています。

世界市場について、
現在盛り上がりを見せているのは、
どの国・地域でしょうか?

東南アジア、インド、中東、アフリカの新興国が建設ラッシュが始まっていると思います。特に、電力供給力の弱い所で発展してほしいと願っています。

自家消費市場が日本において
今後成長するためのポイントは何でしょうか?

電力会社との契約内容、条件の緩和がポイントです。ストレージシステムに対する規制の緩和に柔軟性を持たせること。普及の大きなファクターは、バッテリーの価格、安全性能にあります。電気代との比較で、ストレージシステムを導入しても比較的早期に初期費用が回収できるような価格帯になってほしいですね。


SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース