太陽光発電

新FITを勝ち抜く太陽光ビジネスとは?

太陽光発電協会(JPEA)主催の太陽光発電シンポジウムが10月下旬に都内で開催された。テーマは「新FITを勝ち抜くビジネス展開と基幹電源への道筋」。今後の太陽光発電はどうなるのか?

2030年のコスト目標は10万円/kW

太陽光発電協会(JPEA)は10月20、21日に都内で太陽光発電シンポジウムを開催した。第33回となる今回のテーマは「新FITを勝ち抜くビジネス展開と基幹電源への道筋」で、2017年4月から本格施行される新たなFITでも安定かつ成長するビジネスモデルについて、経済産業省担当者や大学研究者、関連企業責任者などが講演した。

資源エネルギー庁の呉村益生・新エネルギー課長補佐は、「FITは制度開始後3年で、日本の再生可能エネルギーの導入が2倍以上に増加するなど再エネ推進の原動力となっている。一方、電源特性や実態を踏まえたバランスのとれた導入や、長期安定的電力供給の確保が課題となっている」と語った。さらに、同課長補佐は今後の太陽光発電の導入拡大に向けた方向性として、「電力会社の送電系統網への負担が少ない、自給自立型や地産地消モデルの普及拡大がカギだ」と強調し、「それには太陽光発電システムのコストを大幅に引き下げる必要がある。現状の日本の太陽光発電システムの平均コストは欧州の約2倍だ。経済産業省は、非住宅用太陽光発電システムの平均コストを現状の28.9万円/kWから2020年には20万円/kWに、30年には10万円/kWに引き下げる目標を掲げた。さらに住宅用は19年に30万円/kW、そしてできるだけ早期に20万円/kWを目指す」と続いた。

12

関連記事

2016/04/20 | 政策・マーケット

再エネ大国ドイツに学ぶ持続性

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース