太陽光発電

「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?

再エネの過去、現在、そして未来をエネルギージャーナリスト・北村和也氏が読み解く人気コラム。今回は「ドイツのFIT制度終了の背景」に迫る。

ドイツの再エネ制度に
起きている大きな変化

最近伝えられるニュースで最もショッキングに聞こえるのが、ドイツがFIT制度をやめるというものである。一部の日本のマスコミには「ドイツのFIT制度が失敗した」からだと伝えたい向きもあるだろうが、まったくそうではない。FIT制度からの卒業というのが一番適切な表現であろう。

内容は、固定価格で買い取るFITから市場価格と連動させるFIP(フィード・イン・プレミアム)への移行である。国会で承認された新しい制度には大資本優先など大きな問題があると私も考えるが、FITからの卒業はやはり自然な流れである。すでにドイツでは野立てのメガソーラーのFITの買い取りはなく、風力発電もおよそ8割がFITではなく市場で直接取引されていて、実態としてもFITは終焉に向かっている。


グリッドパリティ達成が
もたらす家庭の電力使用の変化

それでは今回のテーマである住宅用PVに、今何が起きているのだ
ろうか。キーワードは「グリッドパリティ」である。現在の屋根置き太陽光の買取価格がおよそ14円であるのに対して、家庭用の電力料金は33円と倍以上となっている。

FITで売るより自分で使った方がよっぽどお得なわけで、いわゆるグリッドパリティを十分に達成している。その結果、当然のように電力の自家消費が増えている。最新のBDEW(連邦エネルギー水道連合会)の資料では、昨年で太陽光発電の9・2%がすでに自家消費されている(自家消費でもプレミアムが付いていた制度のためもある)。今後は飛躍的に伸びて、4年後には純粋な自家消費が現在の倍になると予測されている。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース