「ビジネス経済」の検索結果

「改正FIT法」「電力システム改革」「パリ協定」を「太陽光発電の普及を進める3つのエンジン」と考えるJPEAの亀田氏。太陽光発電の改正FIT法について聞く。

計画的な保守点検が太陽光発電の安定電源化のカギ

環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長 飯田氏による、ISEPの改正FIT法への5つの提言。

改正FIT法がレベルアップする5つの提言

SOLAR JOURNAL主催 PVビジネスセミナー『FIT新時代の“質”の高い事業』、11月25日(金)開催。

太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」11/25開催!

固定価格買取制度が法改正となり、投資だけを目的とした業者が淘汰される時代となった。そんな中開催されたSOLAR JOURNAL主催セミナーでは、今後のビジネスに役立つ多くのヒントがあった。当日の様子をレポートする。

改正FIT法の正しい使い方とは? 人気殺到のPVセミナー

電力小売全面自由化のもと、小売電気事業者は電力の調達に工夫を凝らしてきた。再エネ由来の電気をアピールする小売電気事業者にとって、FITによる電源確保は重要なテーマだった。改正FIT法により、再エネ電気の「買取義務者」が変わる。電力小売市場への影響は?

今年中に理解したい! 改正FIT法の影響

FITによる再エネの買取費用は、再エネ賦課金という国民負担によって賄われている。導入量を増やしつつ、国民負担を抑えるには、買取価格を下げていくしかない。今、その切り札として登場したのが、「入札制度」だ。買取価格決定に競争原理を持ち込もうとする新制度の中身とは?

太陽光が変わる!改正FITの新入札制度

再エネ普及の原動力となってきた固定価格買取制度(FIT)が、大きく生まれ変わる。抜本的に見直されたFIT法(改正FIT法)のポイントを探る。

知らないと損する改正FIT基礎知識

FITの見直しは、自然エネルギーを最大限導入しつつ国民負担を抑制する制度変更だ。2030年の日本のエネルギーミックス(電源構成)の目標達成に向けて、各分野の自然エネは着実に導入拡大している。

自然エネ「2030年24%」本当にいけます?

2017年4月1日、FIT法の改正案が施行予定だ。改正案の柱は、長期未稼働案件の発生を防ぐための新たな制度の設立や、太陽光発電の買取価格決定への入札方式についてなどだ。FIT法改正後、太陽光発電の事業者はどうなっていくのか?

“大規模な淘汰”が太陽光発電のチャンスを創出?

2012年の固定価格買取制度(FIT)導入以前から普及が進む日本の住宅用太陽光発電。今後の更なる普及には、日本の常識を世界の基準に近づける必要があるという。前編に引き続き、プロインゾ ジャパン代表の伊集院誠氏に話を聞いた。

日本の住宅用太陽光発電を世界基準に近づける方法 [後編]

1 2 3 4 5

アクセスランキング

  1. 【最新】太陽光関連事業者の倒産・負債総額 最多に
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 次にくる太陽光ビジネス7つの事例
  4. 71市町村がエネルギー自給率100%超!
  5. FIT「事後的過積載」NG 増設分はどうしたらいい?
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  8. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」2/8開催
  9. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.23 / ¥0
2017年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース