「世界の再エネ」の検索結果

フランスで太陽光発電が可能な道路「ワットウェイ」の試用が始まった。20㎡のワットウェイで住宅1戸分の電力を十分に賄えるという。一から道路を作り直す必要がなく、工期が短く済むのが長所だ。

フランスの小さな町で誕生、電気を生むソーラー道路

“非化石価値”ではなく“再エネ価値”を。デンマークと比べると2周回遅れの電力政策が展開されているという、日本の政策の盲点とは? 政府や産業界から独立した非営利の環境エネルギー政策研究所所長が語る。

日本政策の盲点とは!? 再エネ100%は現実なのか

2021年までにカーボン・ニュートラルを実現することを目標に掲げたコスタリカ。電力供給は自然エネルギー100%をほぼ達成。問題は交通機関からの温暖化効果ガス排出をどうするかだ。水素エネルギー活用で活路を見出そうとする最前線を取材した。

コスタリカで間もなく始まる水素エネルギー社会実験

共和党のドナルド・トランプ氏が、第45代アメリカ大統領に就任した。メディア・環境保護団体が再生可能エネルギー導入拡大を含む温暖化対策において悲観的な見解を示すなか、太陽光発電産業の関係者は強気の見解を打ち出している。

トランプ新政権、「太陽光発電」で雇用創出を狙う!?

エネルギーの分散化が進んでいる。変化が目まぐるしいエネルギー分野の中でも、注目されているのは熱利用である。熱利用に関して先進をいくデンマーク、そしてユニークな取り組みを進めるドイツの例をたよりに、エネルギー分散型社会を紐解く。

“脱”化石燃料! 発電は再エネ熱利用が主流に?

フロリダに造られた新たな巨大ソーラー施設は、ミッキーマウスの形をしていると注目を集めている。これにより期待できる効果とは…?

米ディズニーワールドで、ミッキーが太陽光発電!?

太陽光発電の年間と累積の導入量がともに全米No.1のカリフォルニア州。2030年までに州内の電力販売量の50%を再生可能エネルギーで供給することを目標に掲げる同州で、太陽光発電の大量導入に伴って引き起こされる問題とその解決策が、ここ数年米国で話題になっている。

電力受給ギャップが問題に。米国”ダックカーブ現象”

ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国と違い、独自の発展を遂げてきたアメリカのソーラー発電市場。今回は、アメリカで注目度が高まっているソーラーガーデンについて。

“モジュール単位”で購入して自家消費を楽しもう!

再エネの過去、現在、そして未来をエネルギージャーナリスト・北村和也氏が読み解く人気コラム。今回は「ドイツのエネルギー貯蔵のいま」に迫る。

蓄電池黄金期突入! 求めるべきは賢い貯蔵システム

地球の問題をアートの視点から考えるオランダ発信のアートプロジェクト。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える取り組みだ。

砂漠に水を生み出す装置現る!? 動力は太陽光

1 2

アクセスランキング

  1. 経産省の改正FITのホンネ、2030年以降の政策
  2. 「波力発電」が世界初の実用化へ向けてついに始動!
  3. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  4. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  5. 全面自由化で電力会社を変更、選ぶポイントは……?
  6. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  7. 風力発電 約90%は北海道・東北 系統接続の厳しさ増
  8. FIT改正後の小形風力発電、事業化のポイントは?
  9. 小型風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 太陽光のみで成層圏へ!? パネル付飛行機に注目だ!
航天機電 Intersolar NORTH AMERICA The 9th Guangzhou International Solar Photovoltaic Exhibition 2017

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 太陽光業界最新ニュース