注目キーワード

「太陽光発電」の検索結果

太陽光の導入量が鈍化し、FIT入札では容量未達が続いている。JPEAは太陽光発電の持続的成長が「危機的な状況にある」とし、経産省に提言を行った。FIT応札量の増加のための方策や、FIP制度の対象区分についての具体的な提案だ。

JPEA「太陽光の新規開発は危機的状況」 入札条件や選択制FIPを提案

再エネ発電設備を新たに連系するには、系統側に空き容量があることが必須条件だ。しかし発電事業者からは、空き容量がなく「つなげない」、接続のための費用が「高い」、接続までが「遅い」といった声が聞かれる。こうした課題の解決につながる「ノンファーム型接続」とは?

「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し

世界でハチの減少が大きな問題となっている。地上設置型太陽光発電の架台の下に、地域の在来植物などを繁茂させると、「花粉媒介者(ポリネーター)」をはじめとした自然環境に対して多くのメリットが生じるという。太陽光発電が生み出す自然との好循環とは。

ミツバチにやさしく発電量も高い! 自然保護に貢献する太陽光発電開発とは?

ヨーロッパではコロナ禍にも関わらずEVが続々と発表され、販売も好調だ。その理由は、企業全体の平均燃費を問うCAFE規制が2021年に大幅に強化され、クリアできないと罰金が科せられるからである。イタリアのフィアットからも魅力的なEVコンセプトカーが登場した。その全貌に迫ってみよう。

フィアットが放つEV戦略 第2世代のフィアット500eが登場!

ハワイ州は、輸入化石燃料への依存から脱却するために「再エネ100%」を掲げた全米で最初の州だ。太陽光発電の導入で「再エネ100%」の目標に加速がかかった同州。電力系統の信頼性を保つと同時に、今後より多くの再エネを統合するため、本土に先駆けて蓄電池の併設を大きく展開している。

ハワイではメガソーラー+蓄電池で再エネ100%へ。夜間に電力を供給!

自宅で過ごす時間が増えている今だからこそ、我が家の電気のことを改めて考えてみてはいかがでしょう? 今回は自家消費を始めたいと思っている方に、どんな準備が必要なのかをご紹介!

自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?

数あるモジュールメーカーの中でも、先進技術を誇るジンコソーラー。新製品「Tiger」シリーズは、発売から3ヶ月で出荷量1GWに達した。そんな同シリーズから最大出力を475Wへと更新したN型パネル「Tiger N-type Mono-facial」をご紹介しよう。

悪天候にも活躍! Tigerシリーズ「N型パネル」の特徴とは。

家でのひと時を快適に過ごしたい。そのために電気はなくてはならないもの。でも、できるだけ電気代は抑えたいし、環境にも優しい電気を使いたい。そんな願いを叶えてくれるのが、住宅用太陽光発電の自家消費です。

太陽光は自分で使う時代へ! 今こそ「自家消費」をはじめよう

新型コロナウイルスの感染拡大は、太陽光発電業界に様々な影響を及ぼしている。例えば運転開始遅延によってFIT買取期間が短縮される場合にはどうなるのか。一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)事務局長の鈴木聡氏に伺った。

コロナ禍がもたらす太陽光発電業界への影響と要望

美作市の「事業用発電パネル税」条例案。4度の継続審査を経て、萩原市長の辞職による議会の閉会で廃案となった。事態は終局したかにみえるが、二重課税かどうかという議論は尽くされていない。反対の立場を貫いてきたJPEAが実施したアンケート結果では、さらなる課題も浮き彫りになった。

美作市の「事業用発電パネル税」 JPEAが発電事業者にアンケート実施

1 2 3 4 5 6 23

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース