政策・マーケット

パネルの積み増し要注意 「事後的過積載」がNGに!

改正FIT法に、新たな規制が加わった。昨今ブームになっていた「過積載」が、FIT認定取得後には難しくなったのだ。今後も認められないわけではないが、買取価格がパネル積み増し時点のFIT価格に引き下げられることとなる。PV事業者、発電所オーナーは要注意だ!

この新規制は、2017年8月31日に交付・施行されたFIT法施行規則改正による。これまでは基本的に、過積載をいつ行ってもFIT買取価格が変更されることはなかった。例えば昨年(2016年 24円/kWh)、運転開始4年後となる発電所で増設したとして、増設したパネルが発電した電力に対してもFIT認定取得時の買取価格(2012年 40円/ kWh)が適用された。でも、これからはそうはいかない。

これまでの事後的過積載

過積載とは、「パワーコンディショナの合計出力よりも高い合計出力の太陽光パネルを設置すること」をいう。これまでも太陽光発電所の「発電出力」を増加する場合には、変更認定を受け、その時点のFIT価格に変更されることになってはいた。

しかし、パネルの合計出力とパワコンの合計出力のどちらか低い方を発電出力として登録するルールのため、実質的には、いくらパネルを増やしても変更認定を受けることはほとんどなかった。そもそも、パネルよりもパワコンの合計出力の方が小さい設備(過積載)が一般的だったからだ。

つまり、後からパネルを増やしても、パワコンの合計出力を変えないかぎり、発電出力は変わっていないと見做されていた。したがって、FITの変更認定を受ける必要もなかった。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. 急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?
  3. 世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!
  6. “地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例
  7. 『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も
  8. 『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?
  9. 再エネ拡大だけではない、民間新電力が目指す「人が残るまちづくり」
  10. 日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース