注目キーワード

政策・マーケット

再エネ大国ドイツに学ぶ持続性

欧州に視察団を派遣
ドイツの再エネ運用を学ぶ

今後、日本でも電力システム改革が進んでいけば、2020年には計画通り“発送電分離”が実施されます。その際に、大きな役割を果たすのが発電と小売りをつなげるネットワーク会社(送電会社)です。

当協会は7月に視察団を編成し、4つの大きな送電会社が中立的に送電線を運用しているドイツを中心に欧州での調査を行いました。

今回の視察の大きな目的は、ドイツの電力ネットワークシステムが、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーをどのようにコントロールして、電力全体を安定運用しているのか、そして送電会社が実際どのように送電系統網をコントロールしているのかを知ることでした。

ドイツ全体に占める再生可能エネルギーの消費電力比率は約28%ととても大きいですが、年間の再エネ電力の抑制量は1%も満たしていません。この数字を見ても、ドイツがいかに再生可能エネルギー電源を使いこなしているかがわかります。特に旧東ドイツエリアで送電網を運用している50Hertz社では、再生可能エネルギーの発電比率は約42%に及んでいますが、出力抑制を1%未満に抑えられています。

高い抑制率が試算されている日本との違いや、再エネ先進国ドイツの事例から何を学ぶことができるのか、今後JPEAとしても見解を示していく考えです。


文/南野章

※フリーマガジン『SOLAR JOURNAL』vol.15 より転載

< 12

関連記事

2016/11/04 | 政策・マーケット

2030年 太陽光は驚愕の発電コストに!

2016/08/11 | 政策・マーケット

自然エネ「2030年24%」本当にいけます?

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース