政策・マーケット

新設ラッシュのバイオマス 地産地消に適した電源は?

改正FIT法で、分散型電源は今後どうなっていくのか。東京大学客員教授の松本氏に聞く。

アンバランスさ修正に意義
3年後はまず風力が拡大か

たしかに、太陽光発電以外の4電源(地熱・風力・小水力・バイオマス)の事業者は、事業がしやすくなったと思います。

今回の法改正で、4電源のように、事業の検討開始から運転開始までのリードタイムが長い電源については、数年先の認定案件の買取価格をあらかじめ決めることができる仕組みになりました。また、環境アセスメントの迅速化も盛り込まれています。これまでの太陽光発電にかたよった自然エネルギーのアンバランスさを多少なりとも修正していくという点で、今回の法改正は意義があると考えています。

ただし、法改正したからといって、すぐにアンバランスさが解消されるとは思えません。太陽光発電が自然エネルギー市場を牽引する状況は、まだ2〜3年は続くでしょう。

3年経てば、4電源の普及率向上の動きが見えてくると考えています。なかでも、風力の導入が拡大すると思われます。複数年にわたって買取価格が決められますので、企業にとっては事業のリスクや採算性などの見通しが立てやすくなりました。環境アセスの短縮化も期待できるほか、設置できそうな場所もまだまだ多いとみられます。

地熱は、導入ポテンシャルが約2000万kWと、世界の中でも日本は第2位です。ただ、地元の理解をいかに得るかなど、社会的な面での課題もあるほか、地熱開発で地面に穴を掘るボーリング調査の精度もさらに向上させる必要があるでしょう。ちなみに、地熱プラントの関連機器市場では、日本メーカーがシェア7割を持っています。実は日本の地熱関連メーカーは、世界的に強さを発揮しているのです。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  8. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(後編)
  9. 2019年だけで53万件! “卒FITユーザー”が考えるべき2つのポイントとは
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース