注目キーワード

スマート関連

さらばビッグスリー EV革命は自動車業界を変えるか

電気自動車へのシフトが世界の潮流となっている。「EV革命」とも呼ばれるこの流れを作り出しているのは自動車業界ではなく、アップルをはじめとするICT企業といえよう。また、中国企業群の台頭も著しい。移り変わりの激しいEV市場の現在を環境経営コンサルタントの村沢義久氏に聞く。

ビッグスリー
前時代の遺物か

EV化の進展に伴い、業界の地図も大きく変わりつつある。トヨタ、GM、フォードというビッグスリーの時代は過去のものとなりつつあるが、中でも一番後れているのがトヨタ。これまで、ハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に注力し、「EVは小型短距離向け」というマイナーな扱いをしてきたのが原因だ。

現在のEVビッグスリーは、中国・BYD、アメリカ・テスラ、ルノー・日産・三菱連合。しかし、彼らも決して安泰というわけではなく、今後のことは分からない。非常に多くの企業が新規参入しているからだ。

EVは自動車会社にとっては単に「電気で動く車」。地球温暖化対策を推進する筆者にとっても同じだ。しかし、ガソリンもオイルも使わずモーターと電池で動くEVは「動く電気製品」と見ることもできる。また、同時に進む自動運転の観点からは、「動く電子機器」あるいは「動くインターネット端末」でもある。

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  8. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  9. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  10. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース