スマート関連

さらばビッグスリー EV革命は自動車業界を変えるか

電気自動車へのシフトが世界の潮流となっている。「EV革命」とも呼ばれるこの流れを作り出しているのは自動車業界ではなく、アップルをはじめとするICT企業といえよう。また、中国企業群の台頭も著しい。移り変わりの激しいEV市場の現在を環境経営コンサルタントの村沢義久氏に聞く。

ビッグスリー
前時代の遺物か

EV化の進展に伴い、業界の地図も大きく変わりつつある。トヨタ、GM、フォードというビッグスリーの時代は過去のものとなりつつあるが、中でも一番後れているのがトヨタ。これまで、ハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に注力し、「EVは小型短距離向け」というマイナーな扱いをしてきたのが原因だ。

現在のEVビッグスリーは、中国・BYD、アメリカ・テスラ、ルノー・日産・三菱連合。しかし、彼らも決して安泰というわけではなく、今後のことは分からない。非常に多くの企業が新規参入しているからだ。

EVは自動車会社にとっては単に「電気で動く車」。地球温暖化対策を推進する筆者にとっても同じだ。しかし、ガソリンもオイルも使わずモーターと電池で動くEVは「動く電気製品」と見ることもできる。また、同時に進む自動運転の観点からは、「動く電子機器」あるいは「動くインターネット端末」でもある。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  6. 水面だけで40GW!? ため池ソーラーがブームとなるか?
  7. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  8. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  9. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  10. 一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース