注目キーワード

太陽光発電

【エグゼクティブインタビュー】「未来のためにクリーンエネルギーを提供」ISOFOTON JAPANの挑戦

再エネ市場の激変に企業はどう立ち向かうのか? ISOFOTON JAPAN合同会社代表取締役兼CEOのハビエル・メストレス氏に、新型コロナの影響や環境問題・気候危機への取組みについて話を聞いた。

日本における新型コロナの感染は、
ビジネスにどのような影響を与えましたか?

確かに新型コロナウイルスは、世界経済と人々の生活に多大な影響を与えています。ISOFOTON JAPANでは、適切な対策を講じることで、新型ウイルスによるあらゆる影響を最小限にとどめることができていると自負しております。

日本の太陽光マーケットで
注力しているソリューションとその特長は?

ISOFOTON JAPANでは、数年前より日本中の商業屋根を利用しての自家消費、PPAモデル、自己託送、蓄電システムなどに活路を見い出し、FITに依存しない事業形態の従事に注力しています。

自家消費型太陽光の普及に、
どう貢献しますか?

太陽光発電設備が手頃な価格になったこともあり、現在の電気料金と将来のインフレを考慮すると、投資という面でも非常に魅力的です。ISFOTON JAPANは電気代を削減し、化石燃料への依存を減らすために、クリーンエネルギーソリューションを提供し続けます。

RE100など、再エネ拡大に対する
需要家の声が大きくなっている現状をどう捉えていますか?

環境問題は世界的な関心を集めており、政府や公的機関だけでなく、民間企業や一般市民も、身近な問題として考える責任があります。手頃な価格で収益性の高い持続可能なクリーンエネルギーを利用することが必要であると考えています。

世界中で甚大な被害をもたらしている
気候危機の影響について、どんな取り組みをしていますか?

ISOFOTONは1981年に設立され、ほぼ40年間にわたってクリーンで持続可能な環境に貢献しています。今後も明るい未来のためにクリーンエネルギーを提供していく所存です。

PROFILE

ISOFOTON JAPAN合同会社
代表取締役兼CEO

ハビエル・メストレス氏


SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース