編集部からのお知らせ

【エグゼクティブインタビュー】「リスク評価を客観的にアドバイスする強みを活かす」CO2Oのビジネス展開

再エネ市場の激変に企業はどう立ち向かうのか? 株式会社CO2O代表取締役の酒井正行氏に、新型コロナの影響や今後のビジネス展開について話を聞いた。

日本における新型コロナの感染は、
ビジネスにどのような影響を与えましたか?

開発や施工の遅れが生じ、プロジェクトが予定通りに進まない状況が発生し、顧客との面談や現場への出張を控えざる得ない状況が発生していましたが、現在はほぼ状況は解消され、通常どおりの業務が行える状況となってきています。

日本の太陽光マーケットで
注力しているソリューションとその特長は?

セカンダリーマーケットの入札における技術デューデリジェンスの依頼が急増しており、他社では見きれないリスクの評価を客観的にアドバイスできる点が、当社の特徴です。土木や排水計画、構造等、発電所の総合的な価値を見極めるためにご活用いただいています。

自家消費型太陽光の普及に、
どう貢献しますか?

屋根上案件の施工完工検査や監視業務、駆け付け業務などの依頼が増えていますが、屋根上案件の施工はリスクも高く、完工検査やデューデリジェンスのニーズが今後さらに高まってくると予想しています。

RE100など、再エネ拡大に対する
需要家の声が大きくなっている現状をどう捉えていますか?

再エネ拡大のグローバルの波は日本市場でも無視できない状況であり、大きなビジネスチャンスが訪れると想定しています。市場の変化をとらえ、パートナーと共にFIT後の新しいビジネスモデルに挑戦していきたいと考えています。

PROFILE

株式会社CO2O
代表取締役

酒井 正行氏


SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ