注目キーワード

太陽光発電

【エグゼクティブインタビュー】脱炭素化に向けたファーウェイの取り組み

2050年脱炭素化実現に向けて、大きく動きはじめた日本。再エネ活用を後押しする製品を提供する注目のメーカー「HUAWEI」に、企業としての取り組みを聞いた。

脱炭素化に向けた
取り組みを教えてください。

ファーウェイは脱炭素化社会の実現に向けて、2014年に深圳工場に設置された屋根型太陽光発電所(17.5MWp)を運転開始し、消費電力の約10%を自家発電で賄っています。他にも自家消費型太陽光システムを導入することで年間12.5億kWhの再生可能エネルギーを利用し、CO2排出量を57万トン削減できました。

脱炭素化に向けて、
今後どのようなアプローチをしていきますか?

住宅用PVS市場の拡大に向けて、住宅用蓄電システムを発売開始。ハイブリッド型PCSにAFCI機能搭載、直流アークを0.5秒以内に即断する。モジュール型蓄電池は5kWh~30kWhまで柔軟に拡張可能です。さらに停電時、システムは最短5秒以内で自立運転モードに自動切換。当社の技術力で省エネの暮らし方をさらに普及させたいと考えています。

PROFILE

華為技術日本株式会社
デジタルパワー事業部(日本&韓国) 本部長

張 巍巍(ジャン ウェイ)氏


SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース