政策・マーケット

2018年度も注目の太陽光発電「入札制度」とは?

2017年度よりスタートした大規模太陽光発電の入札制度。第1回目の結果を受け、早くも詳細制度設計の見直しが検討されているが、そもそも太陽光の入札制度とはどのようなものなのか? 概要をおさらい。

いまさら聞けない
「入札制度」って何?

そもそも太陽光の入札制度とは、どのようなものなのか? その概要をおさらいしておこう。

対象となるのは2MW以上の大規模太陽光発電設備。あらかじめ日本全体で合計何MWの設備容量を認定するか(募集容量)を決めておき、その容量いっぱいになるまで、入札価格の安い順に落札されるという仕組みだ。落札価格はそのまま、その事業計画に対するFIT価格となる。太陽光発電の価格に競争原理を持ち込むことで、コスト低下を促そうという狙いから導入された。

2017年度に1回、2018年度に2回の入札を実施することが決められており、第1回目の募集容量は500MWとされていた。

入札のイメージ 出典:資源エネルギー庁


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.24より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース