太陽光発電

屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール

近年注目されている、屋根上ソーラー。太陽電池モジュールメーカーのREC Solar Japan代表・奥山潮氏は、「日本では今後、工場や流通センターの自家消費モデルが普及していく」と予測する。

屋根上太陽光に注目
日本に適したモジュールで
発電量向上に貢献

RE100加盟企業の増加やIPCCの1.5℃報告といった世界的な潮流を鑑みるに、日本で太陽光発電の普及が続くことは間違いありません。特に日本では、工場や倉庫、流通センターの屋根上を活用した自家消費モデルが普及していくとみています。

シンガポール工場で製造する当社のモジュールは、製品不良率が「1万枚に1枚以下」と極めて低く、品質には大きな自信を持っています。ただ、RECはノルウェーに本社を構えていることもあり、日本における認知度は未だ十分とはいえません。しかし、日本の住宅向けに昨年リリースした50セルモジュールは、全国の販売パートナーの力も借りながら、徐々に市場に浸透してきています。

今年9月には、N型単結晶ハーフカットセルを採用し、60セル相当で最大出力330Wを達成したプレミアムモジュール「N-PEAKSERIES」をリリースしました。当社は、2015年に多結晶PERCハーフカットモジュールでインターソーラーアワードを受賞したハーフカット技術の先駆者です。影の影響を抑え、光誘起劣化(LID)は0%、25年間の年間劣化率は0.5%、温度係数も低く抑え、サポートバーを強化して最大積雪荷重7000Paという高耐久性も実現しました。限られた設置面積で長期安定的に高い発電量を求めるならば、ご検討いただくに値する製品だと自負しています。

プロフィール

REC Solar Japan株式会社

代表取締役社長 奥山 潮氏


SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース