注目キーワード

政策・マーケット

低炭素化実現へ! アップルやマイクロソフトが目指す「真のRE100」とは

世界で活躍するトップ企業が「RE100」への取り組みを強化している。環境価値を購入するだけではなく、再エネ普及および化石燃料の消費削減に貢献する「真のRE100」を目指すための取り組みとは?

前記事:『「RE100」は本当に再エネを推進させるか? 環境価値買取の問題点とは』はコチラ

アップルが使う電力の66%は
自社所有の再エネ施設から調達

「環境価値の購入だけでRE100を達成する方法は、新規の再エネ投資を創出しない」と、国際的な環境保護団体であるグリーンピースは主張している。

数年前アップルはノースカロライナ州にデータセンターを建設していた。電力規制下の同州ではデュークエナジー(DukeEnergy)が電力供給を独占しており、同電力会社の電源構成は主に石炭火力であるため、グリーンピースはアップルにデュークエナジーからの電力購入を抑えるように迫ったのである。

そこでアップルは当時、ノースカロライナ州に所有するデータセンター向けにまず、連系出力20MWの大規模太陽光発電所を同データセンターの隣接地に建設、さらに20MWと18MWのメガソーラー、10MWのバイオガスを使った燃料電池システムの計68MWの新規再エネを導入した。

さらに、デュークエナジーとパートナーシップを組みさらに5基のメガソーラー(計20MW)分の電力を調達し、データセンターの電力需要を100%カバーすることまで踏み切った。

アップルはその他にも、アリゾナ、ネバダ、オレゴン、カリフォルニア州で大規模太陽光発電と風力への新規投資・開発を行っている。同社の2018年「環境的責任レポート」によると、2018年1月時点で、66%のアップルが調達している再エネは同社が新規に投資・建設したプロジェクトからとなっている。

アップルのデータセンター用にネバダ州に新設されたメガソーラー(50MW) 出所:NV Energy

 

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  9. 自家消費型太陽光ビジネスで勝つ! オンライン勉強会を1/27(水)に開催
  10. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース