注目キーワード

太陽光発電

【エグゼクティブインタビュー】「発電所の仕様変更にも対応可能」ラプラス・システムの強み

新型コロナの感染終息が未だ見通せない中、太陽光関連企業はどのようにビジネスを展開するのか? 株式会社ラプラス・システム代表取締役社長の堀井雅行氏に、太陽光マーケットで注力している強みについて話を聞いた。

日本における新型コロナの感染は、
ビジネスにどのような影響を与えましたか?

工事の遅れはありましたが、幸いなことにコロナの影響は少なく好調です。営業もオンライン商談ツールを活用し、リモートでも受注を問題なく獲得できています。展示会やセミナーなどオフラインでの営業機会が減少したことを受けオンライン展示会やウェビナーなどにも取り組んでいます。

日本の太陽光マーケットで
注力しているソリューションとその特長は?

弊社の自家消費向け制御システム「Solar Legato」は、自家消費型太陽光発電における逆潮流の発生を抑制し、発電電力の最大化に貢献する自動制御システムです。個々のPCSに対してではなく、発電所単位で最適な制御を行う仕組みであり、将来的には発電所全体のアグリゲーションを担うことも見据えています。

これからFIPに向かう中で、変動価格での売買電を含めた総合的な制御機器が必要とされています。今後はFIP対応のシステムとして進化させ、電力取引などもできるようにと考えています。

自家消費型太陽光の普及に、
どう貢献しますか?

既述のとおりSolar Legatoは発電所単位での制御を行うため、自家消費からFIPへ変更するなど将来的な発電所の仕様変更にも容易に対応できることが強みです。さらに遠隔監視システムも併せて導入できるため、長期的かつ安全な発電所運用に貢献できます。

また、自家消費型発電をアピールできるWebコンテンツも提供しております。世界規模でSDGsへの気運が高まる中、「SDGs達成に向けた取り組みとして発電をPRしたい」というニーズを想定しました。そういった声にも応えながら、自家消費型発電の普及促進の一端を担いたいと考えています。

PROFILE

株式会社ラプラス・システム
代表取締役社長

堀井 雅行氏


SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース