太陽光発電

太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!

シェアリングエコノミーが太陽光でも普及している。今回紹介するのは、バングラディッシュで2014年から導入されている「ソルシェア」。2030年までには、100万人による電力売買プラットフォームになる見込みだ。

100万人による
電力売買プラットフォーム

バングラデシュで2014年に創設された「ソルシェア」はソーラーエネルギーを地域住民間で融通し合う電力売買プラットフォーム。



太陽光発電システムのオーナーは余剰電力を売却でき、エンドユーザーはモバイル決済により必要な電力を直接購入できる。

バングラデシュではすでに400万世帯以上が太陽光発電システムを導入しており、2030年までには「ソルシェア」を通じて100万人以上に電力が供給される見込みだ。

©ME SOLshare


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  6. 太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース