注目キーワード

政策・マーケット

2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!

経済産業省は、2019年度の再生可能エネルギーの調達価格について、1月9日の調達価格等算定委員会で方向性をまとめた。10kW以上500kW未満の太陽光発電は、前年度よりも2割以上安い14円/kWhとなっている。

2MW以上の大型案件の
最低落札価格より安く

1月9日、経済産業省の第44回 調達価格等算定委員会が開催され、2019年度の調達価格などの方向性が示された。

10kW以上500kW未満の太陽光発電については、14円/kWhとされた。2018年度が18円/kWhだったため、2割以上の大幅な減額となる。


平成31年度(2019年度)以降の調達価格及び調達期間についての委員長案、太陽光発電(10kW以上500kW未満)(出展:経済産業省)

先日発表された、2MW以上の案件を対象とした第3回入札では、最低落札価格が14.25円だった。2019年度の10kW以上500kW未満の案件は、それよりも安い価格となる。

関連記事:第3回入札の結果公表! 募集容量すべて落札、最低落札価格は14.25円!

大幅な減額の理由として、経産省は「増加する再エネ賦課金による国民負担の低減」や、「システム費用が世界と比べるとまだ高い」こと、「既に10円/kWh未満で事業を行っている事業者が存在している」ことなどを挙げている。

市場の競争原理に基づくコストダウンは、ユーザーベネフィットに資すると同時に、市場の活性化にもつながるだろう。しかし政府主導による性急なコストダウンは、発電事業者の撤退などによって、再生可能エネルギーの普及にブレーキが掛かってしまうおそれがある。また、低品質部材の使用や、手抜き工事、O&M未実施などの危険性もはらむ。

なお、500kW以上の太陽光発電については、入札制度によって調達価格が決定される。これまでは2MW(2,000kW)以上が入札の対象だったが、対象範囲を拡大する。

DATA

経済産業省

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 「バーチャルコーポレートPPA」の誕生に期待! シナネンら新モデル構築へ...
  10. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース