太陽光発電

農水省が後押し! ソーラーシェアリングを推進する5つのサポート

田畑の上で太陽光発電を行うソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)。今年5月、農林水産省が農地転用の規制を緩和したが、ソーラーシェアリングのさらなる普及を後押しするために打ち出した促進策とは?

資金面の円滑化サポートや
悪質ケースへの対策を強化

農水省は今年5月、農地の一時転用許可の規制緩和を行ったが、それとともに次の取り組みも進めていく。いずれも、農業振興の観点からソーラーシェアリングを推進しようとするものだ。

(1)優良事例の紹介
優良事例を類型化して、ウェブサイト等で紹介する。

(2)チェックリストの作成
農業者がソーラーシェアリングを円滑に実施するために、営農計画・発電事業等に関するチェックリストを作成、周知する。

(3)相談窓口の明確化
地方農政局の農山漁村再生可能エネルギー相談窓口が、営農型太陽光発電に関する農業者等からの問合せに対応する。

(4)資金調達の円滑化
融資判断に役立つよう、地域の金融機関に対して、農地転用許可の取り扱い等のソーラーシェアリング促進策について情報提供する。

(5)悪質なケースへの対応
一時転用許可に違反する悪質なケース(営農の不継続等)に対し、農地法に基づく改善指導やFIT法上の措置を講ずる。また、問題事例を収集し、予防のための注意喚起を行う。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース