注目キーワード

政策・マーケット

RE100の2020年レポート、7割がコスト削減に成功。日本は「調達困難な市場」

12月16日に発表された、RE100の年次報告書「RE100 Annual Report 2020」では、世界と日本の再エネの取り組みの違いが浮き彫りになった。日本など10ヶ国は、再エネ調達がもっとも困難な市場という評価だ。「再エネ=安い」というイメージが海外では定着しつつある。

加速する世界企業の再エネ化
取り組み理由は「コスト削減」が7割

国際環境NPOのThe Climate Groupが12月16日、再生可能エネルギー由来の電力100%での事業運営にコミットする国際イニシアチブ・RE100の年次報告書を公開した。2019年の参加企業261社の取り組み状況をまとめたものだ。全参加企業の消費電力量は年間278TWh超となった。

2019年の日本からの参加は39社で、アメリカの79社、イギリスの40社に続き世界で第3位だ。新規参加企業の42%をアジア太平洋地域からが占め、RE100の取り組みが欧米にとどまらず、全世界に浸透したことを示している。

再エネ100%を達成する目標年は参加企業の平均で2028年とされ、前倒し傾向が顕著にあらわれた。53社はすでに達成済みで、65社は90%以上の再エネ調達をすでに実現しているという。また、2030年までの達成を予定している企業も、全体の実に4分の3にのぼった。

ほぼ7割の企業が、再エネ調達の動機は「コスト削減」であると回答した。再エネ発電所のディベロッパーと企業の直接契約によるPPA(Power Purchase Agreement)の活用が増加していることに注目したい。PPAの割合は、電力量換算で2018年の19%から26%に増えている。コスト削減にも成功したと回答した企業の約3分の2が、PPAによる調達が最も影響力が大きかったと述べている。

また、その他のモチベーションとして「温室効果ガスの削減」「CSR・顧客満足の向上」と答えた企業が99%だった。企業の自主的な再エネ化の取り組みが結実しつつある。

(参考:2019年のRE100報告書について『目標達成が30 社超!? 世界のRE100の現在地を知ろう!』)

「最も調達困難な市場」に日本
挽回が期待される2021年

今回の報告書では、再エネ調達がもっとも困難な市場(Most Challenging Market)として、日本を含む10ヶ国(アルゼンチン、オーストラリア、中国、インドネシア、ニュージーランド、ロシア、シンガポール、韓国、台湾)が列挙された。日本市場で再エネが難しい理由として「高コスト」「認証手段が少ないため調達手段が限定されていること」が挙げられている。

(出典:RE100『RE100 Annual Report 2020』)

RE100は、各国政府に対する働きかけとして6つの政策戦略を示している。「再エネと化石燃料との公正な競争ができる取引の場の創設」「購入企業と再エネ事業者が直接取引できる電力市場の構築」といった内容だ。日本でも、一日も早い実現が望まれる事柄だ。

辛口の評価となった日本だが、2050年カーボンニュートラルに向けて潮目は確実に変わった。2021年は、再エネのさらなる飛躍的な拡大が期待される。

DATA

RE100『RE100 Annual Report 2020』


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  10. 政府が2兆円の基金創設で脱炭素技術支援へ。グリーン成長戦略も決定

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース