注目キーワード

太陽光発電

砂漠に水を生み出す装置現る!? 動力は太陽光

地球の問題をアートの視点から考えるオランダ発信のアートプロジェクト。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える取り組みだ。

気候と人の営みは密接な関係がある。予想を超えて温暖化し続ける地球。多くの場所で急激な変化が起きている。「SunGlacier(サングレイシアー)」は、この気候変動問題をクリエイティブに解決する方法を提案したアートプロジェクトだ。マイナス思考ではなく、変化に対して前向きに、創造性と革新性をもって応じようというもので、気候変動に文化と技術をリンクさせて、作品を具現化している。例えば砂漠に太陽光を動力にした装置を設け、大気中にある湿気から水を生み出す装置。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える。それが新たなきっかけに繋がっていくのだ。

sj_pva161202_002

今回のオブジェクトを具現化したオブジェ。太陽光を動力に大気中にある水分を集め頂上から噴水のように水を出す。


SunGlacier

文/Yukinobu Kato

『SOLAR JOURNAL』 vol.18より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース